スポンサードリンク



書評:レバレッジ・リーディング

スポンサードリンク



本日は、いつもとは異なり最近読んだ本の紹介をしたいと思います。

本の名前は「レバレッジ・リーディング」(本田直之著 東洋経済新聞社)

kindleなどの電子書籍もでているので手軽に読めます。

なぜ、この本を紹介するかというと、本田氏いわく読書は最高の「投資」ということを述べているからです。

この本は、一昔前にかなり流行った本なので、読んだ方も多いと思います。書くいう私もだいぶ昔に読み「おもしろい本だったな」と感じた記憶がありました。

本田氏の言いたいことは、読書=投資という観点から、本を読みましょう、また本に書いてあることを実践しましょうということです。この実践のためにメモをつくり、都度読み返しましょうということです。

この本を読んでハッとしたのは、やはり本を読み、実践することが大事ということです。

最近私は不動産投資の本を読み漁り知識を蓄えているのですが、やはり行動しないといけないと感じました。

そして、メモということで、このブログにも学んだことを記載し、共有していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA