スポンサードリンク



ダイコー通産(IPO新規上場株情報)

スポンサードリンク



新規上場株IPOです。3月上場です。

東証二部で証券コードは7673です。

(IPOについては、過去の記事をご覧ください)。

どのような企業なの?

事業内容:


1.次に掲げる商品の製造、販売、リース及びレンタル業務
 ① ケーブルテレビ・情報通信用ケーブル② ケーブルテレビ・情報通信用諸材料③ ケーブルテレビ・情報通信用機器及び付属機器④ ケーブルテレビ・情報通信用工具及び測定機器⑤ オフィスオートメーション機器及びソフトウェア

2.ケーブルテレビ、情報通信に関するコンサルタント業務、
設計施工業務及び保守業務

3.前各号に付帯する一切の業務

ダイコー通産ウェブサイトより)

いつ上場するの?

上場日は2019年3月12日(火)

ブックビルディング期間2月22日~2月28日

売出価格決定日3月1日(金)となります。

どうすればダイコー通産の新規上場株を買えるの?

新規上場株を購入するには、ブックビルディング期間中に幹事となっている証券会社から申し込みを行う必要があります。

【幹事証券会社一覧】

証券会社名 ◎主幹事 〇幹事 △裏幹事
SBI証券
SMBC日興証券
みずほ証券
大和証券
野村証券
岡三証券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
エイチ・エス証券
むさし証券
藍沢証券
松井証券
ライブスター証券
楽天証券

証券口座の開設がまだの方は、まずは上記のいずれか(全部でも可能)の口座を開設しましょう。

(証券口座の開設については、過去の記事をご覧ください)。

また、最も幹事を引き受ける数の多いSBI証券の口座開設は、下のバナーから開設可能です。

バナーをクリックするとSBI証券のサイトに飛びますので、興味のある方はサイトをよく読んだうえで口座を開設しましょう。

株価は上昇するの?

ダイコー通産のIPOは東証二部では小型IPOの部類に入ります。

業績は売り上げ利益ともに安定しています。

また最近の製造販売系のIPOの結果は

Amidaホールディングス(2018/12/20上場)売出1,460円→初値1,552円(100株で9,200円の利益)

想定価格は1,510円とお手頃価格。

売出は7割ほどで、ロックアップはそこそこ。安定はしているものの成長はあやしく魅力に乏しい銘柄。東証二部なのもマイナスポイントか★2つ

評価(星10段階中)★★

不動産投資に関するコラム

このサイトでも不動産投資の体験談などを記載しておりますが、「楽待」という不動産投資のポータルサイトではもう少し不動産投資に特化した記事を執筆しています。

不動産投資に興味のある方はぜひ

「サラリーマン大家のTAKA」

のコラムも見てみてください!また、コラムをご覧の際には、「この記事は参考になりましたか?」に「はい」と回答していただけると大変ありがたいです。

どんな物件を買おう?どうやって不動産投資をはじめようと迷っているあなたに!

効率よく不動産投資の知識を身につけたいなら

個人でセミナーに参加することは、知識の吸収や会社の比較にとても有用です。

しかし、体系的に不動産投資を学んでみることも大切です。

そんななかでまずは不動産投資の学校で勉強してみるのも良いかもしれません。


お金の教育をミッションとしているファイナンシャルアカデミーという会社で無料の不動産投資スクールの体験学習会をやっています。

無料とはいうものの基礎をみっちり教わることができるのでまずは不動産投資の導入や経験の浅い大家さんは体験をしてみて損はないと思います。


励みになりますのでよろしければポチっと

にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA