スポンサードリンク



管理人の投資日記2(IPO投資について)

スポンサードリンク



これから投資を始める方々の参考になるかわかりませんが、管理人の投資経験や投資日記についても適宜更新したいと思います。

今日は第2回目なので、比較的ローリスクで投資が可能な「IPO投資」について書きたいと思います。

そもそもIPO投資って何?

「IPO」投資とは、新規上場株への投資であり、証券会社経由で新しく証券取引所に上場する株式への投資です。

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。 株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。

(引用:カブドットコム証券

 

なんでIPO投資をはじめたの?

新規上場株と聞くと怪しい雰囲気がただよいますが、株をやったことがある人であればわかると思いますがかなり人気の投資であり、人気に便乗して3年くらい前からはじめました。

具体的どうやって投資するのは?

この投資は、端的にいえば新規上場株を購入する権利を抽選でえるといった投資であり、抽選に当たれば新規上場株を買うことができます。評判の高い株にのみ抽選を申込み、当選した株を上場した直後に売れば最近では9割以上の割合で利益がでています。少しでも抽選が当たるように多くの証券会社に口座を開き、それぞれの証券会社から抽選に申込ます。株ごとにそれぞれの証券会社に割り当てられる当選数が異なるのでその意味でもたくさんの証券会社に口座を開く必要があります(もちろん、一つの口座でも抽選に申し込めますがなかなあたらない)。

しかし、この投資のネックは、なかなか抽選にあたらないというところにあります。今年の管理人の当選確率は2%程度・・・。抽選の申し込み自体にはお金がかからずに、2%の確率で利益がでるのはまずまずかもしれません。

リスクはないの?

当然のことながら、株への投資なので利益があがるという保証はありませんし、人気がない株の場合には抽選であたったとしても、損失がでることがあります。

どんな人が向いてるの?

証券会社によっては、抽選時に株の購入代金を口座においておく必要があったりして、証券会社間で資金を移動させる手間などがあるので、マメで時間のある人が向いていると思います。

今後のIPO投資の動向は?

管理人も後発組なのですが、さまざまな先輩がたのブログを見るとだんだん参加者が増え、当選が難しくなっているようです。お金と時間に少し余裕があるかたは試してみるのも良いかもしれません。

いずれ詳しい方法など投資の説明で書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA