スポンサードリンク



「投資」とはどのようなものか

投資をする人のイメージ

スポンサードリンク



今日のポイント

・投資とは、お金を増やすために何等かのもの(=投資先)にお金を投じることであり、投資したお金が減る(なくなる)リスクを負う。

・投資対象には、さまざまなものがありそれぞれの特性を把握したうえで投資を行う必要がある。

初心者が知っておくべき「投資」の定義

「投資」という言葉をウィキペディアで検索すると以下のような説明がでてきます。

投資(とうし、英: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。

どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。“

(出典:ウィキペディア <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%95%E8%B3%87>)

説明を要約すると以下の2点がポイントとなります。

1. 「投資」とは、お金を増やすために、何等かのものにお金を投じるということ

2. どんな投資もリスクがあり、一般にリスクが高いほど得られる利益も大きいということ

一般的に投資の対象となる商品

投資の対象は、さまざまあり網羅しきれませんが、一般的なものとしては以下の商品があります。
・株
・債券(社債・国債等)
・通貨(FX、外貨預金)
・不動産
・定期預金などなど

また、その他少しなじみの薄いものとしては、以下の商品もあります。
・仮想通貨(ビットコイン等)
・商品先物
・金・プラチナなどなど

まずは、投資の対象を選ぶ際には、それぞれの投資対象の性質を理解しておく必要があります。

投資における「リスク」と「リターン」

投資には、「リスク」と「リターン」の概念が重要です。
ここでいう「リスク」とは以下の2点のことを意味します。
・投資することによってどれくらいの可能性で損失が発生するのか
・どれくらいの額の損失が発生しうるのか。

「リスク」とは、何かというと、投資したお金が減る可能性があるということを意味します。場合によっては、投資したお金が全部なくなってしまうどころか借金まで背負ってしまうこともあり得ます。

例えば株、に投資した場合には、1株100万円で購入した株は110万円になる可能性がある一方で、90万円になることもあります。また、投資した会社が倒産すれば、投資したお金がまったくもどってきません。

一方で「リターン」とは以下の2点のことを意味します
・投資することによってどれくらいの利益が生じるのか
・どれくらいの額の利益が発生しうるのか。

また、「リターン」の種類は、主に2つにわけることができます。

・投資したお金の本体が増える(キャピタルゲイン)

例えば株に投資した場合、1株100万円で購入した株が110万円に上昇し、10万円の売却益を得ることがこれに当たります。

・投資したお金からお金がもらえる(インカムゲイン)

株であれば、配当金、債券であれば利息がこれに当たります。投資をした見返りに、投資をうけた者からもらえる対価であるといえます。

「リターン」を考える場合には、キャピタルゲインとインカムゲインという2種類の合計を考えることが大切だと覚えておいてください。この2種類の「リターン」を意識することがどの商品に投資するかを選ぶ際の参考になります。

「リスク」と「リターン」の関係

一般的には、リスクの高い商品ほど、高いリターンが得られると考えられています。

仮に、リスクが低くリターンが大きい商品があった場合には、どうなると思いますか?
そのような投資商品には人気が殺到し、お金を上乗せしてでも、その投資商品を買おうという人がでてきます。そうなると、もともと売っていた商品が値上がりしてしまうため、結果的に得られる利益が投資した金額に対して目減りしてしまします。

例)A社の株は1株100万円で10万円の配当を得られる場合の「リターン」は年間の利回りで10%。金利が低いこのご時世、1株200万円を払っても10万円の配当を得たいと思う人がいれば、年間の利回りが半分の5%になってしまいます。

(参考)商品の価格の変化による年間利回りの変化

 

とにかく、高い「リターン」を得るためには、高い「リスク」を負担しなければならないということを覚えてもらえれば結構です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA