スポンサードリンク



メルカリ(IPO新規上場株情報)

スポンサードリンク



久しぶりの新規上場株IPOです。上場は6月です。

東証マザーズで証券コードは4385です。

(IPOについては、過去の記事をご覧ください)。

どのような企業なの?

事業内容:フリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運用

メルカリウェブサイトより)

いわずと知れたフリーマーケットサイト・アプリの運営業者です。

いつ上場するの?

上場日は2018年6月19日(火)

ブックビルディング期間6月4日~8日

売出価格決定日6月11日(月)となります。

どうすればメルカリの新規上場株を買えるの?

新規上場株を購入するには、ブックビルディング期間中に幹事となっている証券会社から申し込みを行う必要があります。

今回の主幹事証券会社は、大和証券と!

幹事団には、他にSBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、みずほ証券、岩井コスモ証券、三菱モルガンスタンレー証券などが名を連ねています!!

裏幹事にはカブドットコム証券も入りそうです。

証券口座の開設がまだの方は、まずは上記のいずれか(全部でも可能)の口座を開設しましょう。

(証券口座の開設については、過去の記事をご覧ください)。

株価は上昇するの?

メルカリのIPOは東証マザーズでは超大型IPOの部類に入ります。

業績は直近では売上堅調ですが、利益は不安定。ただし知名度は抜群です。

また最近のポータルサイト計のIPOの結果は

Mマート(2018/2/23上場)売出1,240円→初値5,380円(100株で414,000円の利益!!)

想定価格は2,450円と手頃な金額。調達額の大きいIPOです。

知名度は何といっても抜群。大きく儲けられないものの複数当選を狙って利益を積み上げたい銘柄です。

評価(星5段階中)★★★

不動産投資に関するコラム

このサイトでも不動産投資の体験談などを記載しておりますが、「楽待」という不動産投資のポータルサイトではもう少し不動産投資に特化した記事を執筆しています。

不動産投資に興味のある方はぜひ

「サラリーマン大家のTAKA」

のコラムも見てみてください!また、コラムをご覧の際には、「この記事は参考になりましたか?」に「はい」と回答していただけると大変ありがたいです。

どんな不動産を買おう?お付き合いする不動産会社の注意点は?そんな悩みに・・・

個人でセミナーに参加することは、知識の吸収や会社の比較にとても有用です。

しかし、あくまで不動産会社は売り手の側であるため、第三者的視点でアドバイスをしてくれる存在は重要です。

そんななか、無料で第三者的視点で不動産投資のアドバイスしてくれるサービスがあります!!

それは、【不動産投資家コンシェルジュ】




私も本当に第三者的な視点でアドバイスをしてくれるのか、疑問を感じつつサービスを利用してみましたが、

本当に第三者的視点でアドバイスをしてもらえました!!

勧誘も一切なく、なぜこのようなサービスがあるのか聞いてみると、詳しくは書けませんが、運営している会社が宣伝目的で半分サービスのようなかたちでこのサービスを提供しているようです。

面談は、基本的に首都圏であれば対応可能であり、喫茶店やファミレスで待ち合わせをして面談をする形式です(かかるのはお茶代の実費のみ)

このサービスがいつまでつづくか不明であるものの、間違えなくお勧めできるサービスだといえるので、特に不動産投資をこれからはじめようとしている方、はじめたばかりの方、相談者がいなくて困っている方は一度利用してみることをおすすめします!!

相談できるコンサルタントの方は経験豊富な不動産投資家であり、実際の経験に基づいたこまやかなアドバイスを提供してくれます。


励みになりますのでよろしければポチっと

にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ
にほんブログ村

また、励みになりますのでよろしければポチっと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA