スポンサードリンク



投資初心者のための金融機関~各論5~ネット証券

スポンサードリンク



ネット証券で取引ははじめるポイント

・ ネット証券会社は、手数料が安く、少額でも株の取引きははじめ安い。

・ 一方でアフターフォローは期待できないので自分で勉強する投資家向き。

ネット証券は手数料がとにかく安い一方で担当がつかないことも多い特徴があります。担当者のアドバイスを受けたい場合には、通常の証券会社の方がよいかもしれません。

 

ネット証券で取り扱っている投資商品

・株

・投資信託

・社債・国債

・保険商品

など

 

主なネット証券

ネット証券には大手では、SBI証券、松井証券、マネックス証券などがあります。

 

どのネット証券と取引をすればよいのか。

ネット証券を選ぶ際には、基本的に能動的な証券会社のサポートがないので、ネット証券の提供する情報や取引ツールを活用し、自分で情報収集・投資判断を行う必要があることを頭に入れてください。そのうえで、以下の点を考慮するとよいでしょう。

1.取引ツールや情報が充実しているか。

⇒ 各社で提供するツールなどが若干異なるので選ぶポイントになります。

2.手数料水準

⇒ 手数料の体系も例えば少額の取引だとほとんど手数料がかからなかったり、1日に一定額までは手数料なしで取引ができることもあります。どれくらいのスパンで投資するかや投資の頻度に応じて自分にあった手数料体系のネット証券を見つけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA