スポンサードリンク



RPAホールディングス(IPO新規上場株情報)

スポンサードリンク



3月の新規上場株IPOどんどんきます。

東証マザーズで証券コードは6572です。

(IPOについては、過去の記事をご覧ください)。

どのような企業なの?

RPAとは認知技術(ルールエンジン、機械学習、人工知能等)を活用した主にホワイトカラー業務の効率化、自動化の仕組みである。
人間の補完として業務を遂行できる事から仮装知的労働者(Digital Labor)とも言われている。
国内におけるRPAのリーディングカンパニーとして、Digital Laborを活用した新規事業を創造する事で世界を変えて行く。

RPAホールディングスウェブサイトより抜粋)

どうやら人工知能等を利用した業務の効率化をコンサルティングする会社?のようです。

いつ上場するの?

上場日は2018年3月27日(火)

ブックビルディング期間は3月8日~3月14日

売出価格決定日は3月15日(木)となります。

どうすればRPAホールディングスの新規上場株を買えるの?

新規上場株を購入するには、ブックビルディング期間中に幹事となっている証券会社から申し込みを行う必要があります。

今回の主幹事証券会社は、SBI証券!

幹事団には、他に大和証券、SMBC日興証券、岡三証券、マネックス証券、藍澤証券、岩井コスモ証券などが名を連ねています!!

証券口座の開設がまだの方は、まずは上記のいずれか(全部でも可能)の口座を開設しましょう。

まだ間に合います。

(証券口座の開設については、過去の記事をご覧ください)。

株価は上昇するの?

RPAホールディングスのIPOは東証マザーズでは小型IPOの部類に入ります。

業績は売上利益は急激に伸びています。初値高騰の可能性が高いと思われます。

また最近の人工知能系のIPOの結果は

サインポスト(2017/11/21上場)売出2,200円→初値8,530円(100株で633,000円の利益!!)

サインポスト超えもありうる。

ノータイムで★5つ、全力参加!!

評価(星5段階中)★★★★★

不動産投資に関するコラム

このサイトでも不動産投資の体験談などを記載しておりますが、「楽待」という不動産投資のポータルサイトではもう少し不動産投資に特化した記事を執筆しています。

不動産投資に興味のある方はぜひ

「サラリーマン大家のTAKA」

のコラムも見てみてください!また、コラムをご覧の際には、「この記事は参考になりましたか?」に「はい」と回答していただけると大変ありがたいです。

 

また、励みになりますのでよろしければポチっと

にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA